Today is:
ホーム 市の概要 歴史 習慣や文化 投資案内 生活情報 写真
 
  市の概要
濰坊市概况

1、経済と社会発展状況

 

2015年、全市は固定資産投資4516.7億元完成し、13.9%増であり、投資総量が全省第三位に位置した。インフラ施設、ハイテク、現代サービス業領域での投資は比較的に速い。民間投資4052.2億元、13.6%であり、全市投資の89.7%を占めた。プロジェクト建設面で明らかな成果をあげた。130個の重点プロジェクトや9個の省重点プロジェクトにそれぞれ550億元や72億元の投資を完成し;済青高速鉄道、濰日高速、中国食品谷、東アジア畜禽交易所、特高圧入濰プロジェクト、国華寿光電場などの重点プロジェクト建設は順調に進行し、城海モノレールは意見収集を完成した。

 

全市重点項目「61111」(すなわち六つのプロジェクトバッグ、十個の重点項目、十個の重点プロジェクト、十個の重点プラットフォーム、百個の産業項目)プロジェクト計画は順調に進行している。総投資千万元級、億元級項目、十億元級項目は5705個、1635個、157個、それぞれ19.5%増、2.3%増、14.2%増である。サービス業は付加価値2224.6億元実現し、前年比9.8%増、増幅が全省第四位である。全市サービス業は歴史的に初めて工業付加価値を超え、GDP比重が42.9%を占め、占め率が1.7%増である。

 

濰坊市は環渤海ハイエンド装備製造業基地に確定され;浜海区は全国第一陣産城融合テスト地区に認められ;濰坊市浜海海洋経済新区、山東(濰坊)海洋科技大学園、魯遼貨物輸送大通りなど44個の重点項目は省「一帯一路」実施案に入選した。全市県域経済総合実力はさらに向上し、寿光市、諸城市「県域経済科学発展テスト」仕事は順調に進行している。寿光市、諸城市、高密市、青州市は「全国強い県ベスト100」に入選した。

 

 

2、市の概況

 

濰坊市常住人口927.72万、著名な世界凧の都、全国文明都市、国家環境保護模範都市、国家衛生都市、国家庭園都市、中国優秀観光都市、全国科技進歩先進都市、全国循環経済テスト市、全国文明都市であり、中国人居環境賞を獲得した。

 

位置面積:濰坊市は山東半島中部に、半島都市群の中心に位置し、東経108°10′ 120°01′、北緯35°41′ 37°26′にまたがる。東に青島、煙台と隣接し、西に淄博、東営に連結し、南に臨沂、日照であり、北に渤海莱州湾を眺める。総面積は1.61万平方キロである。

 

建制歴史:濰坊は長い歴史を有する。6000年前、弥河に沿って住んだ人がいった。1948年4月27日、濰県は解放された。4月29日、濰坊特別市(省直轄)は建立し、市政府が濰城に設置され、濰県城、東関、南関、北関、坊子、望留六つの区を管理した。1949年6月、濰坊特別市は濰坊市に改め、また省直轄市である。1948年6月、昌濰専区は建立され、昌楽、濰県、安丘、寿南、益臨5県に駐在した。1948年12月、省が直轄した益都県は昌濰専区に所属した。来年7月専区機関は益都に転入した。1950年5月25日、昌濰専区は益都から濰坊に転入した。1967年3月13日、昌濰専区は昌濰地区に変えた。1981年7月、昌濰地区は濰坊地区に変え、管轄県(市)は変わりはしなかった。1983年10月、濰坊地区建制を取り消し、省轄(地専級)市に変え、濰坊の名を保留し、市が県を管理する体制を実施した。1991年、濰坊ハイテク産業開発区は成立した;1995年、濰坊浜海経済技術開発区は成立した;2008年、峡山生態経済発展区は成立した;2011年濰坊総合保税区は成立した。今のところまで、濰坊市は四つの区、六つの市、二つの県、四つの市属開発区を管理していた。

 

行政区画:2015年、濰坊市全年では行政区画の調整や変更はしなかった。2015年12月末まで、濰坊市は奎文、濰城、寒亭、坊子四つの区、青州、諸城、寿光、安丘、高密、昌邑六つの県級市、臨、昌楽二つの県、またハイテク産業開発区、浜海経済技術開発区、峡山生態経済発展区、総合保税区四つの市属開発区を管理した。全市は総計62個の鎮、56個の街道事務所を管理していた。

 

人口、民族:2015年12月31日まで、全市常住人口927.72万人である。戸籍人口8937068人、去年より53988増加し、その中男性4514403人、女性4422665人、性別比102.1(女性は100)である。全市総戸数2851063戸、平均毎戸3.13人である。全市城鎮人口4531622、人口総数の50.70%を占める。

 

2015年、全市戸籍人口に総計115043人新生し、その中男性60685人、女性54385人、出生児性別比111.63(女性は100)、出生率は12.90である。総計死亡した人数は58821、その中男性32861人、女性25960人、死亡性別比は126.58(女性は100)、死亡率は8.14である。2015年全市自然増長56222人、自然増長率6.2である。

 

2015年、全市戸籍人口に共に35939人が転入し、35097人が転出した。2015年度機械変動浄増額は842人、機械増長率は0.9である。

 

全市では回、満などの少数民族50個、人口3.47万人、全市人口総数の0.38%を占める。その中人数が最も多いのは回族、2.23万人有し、全市少数民族人口の64.3%を占め、満族人口は4913人有する。

 

自然環境

 

地形:濰坊市地形の総体特徴は南が高く、北が低いのである。南部は山、丘陵、地面高さは海抜100m以上、最高海抜は1032m、面積5646平方キロ、全市総面積の35.6%を占める;中部は傾斜平原区であり、地面高さは海抜7~100m、グラジエント1/500~1/1200、面積6597平方キロ、全市総面積の41.6%を占める;北部沿海は浜海平原区であり、地面高さは7m以下、面積3616平方キロ、全市総面積の22.8%を占める。

 

気候:2015年(2015年1月~12月、以下は同じ)濰坊市は正常より気温が高い方、降水が少ない方、光照射が少ない方である。総体機構特徴は:冬季(2014年12月~2015年2月)正常より気温が高い方、降水が少ない方、光照射が充足である;春季気温が高い方、降水が多い方、光照射が充足、機構が穏やかである;夏季気温が高い方、降水が少ない方、光照射が充足、気候が乾燥である;秋季気温が高い方、降水が多い方、光照射が不足である。主要気象災害は干ばつである。総合評価は:全市2015年に天気気候条件が農業で平年と認められる。

 

自然災害:2015年主要な気象災害は雹、干ばつと大風である。気象災害は数が比較的にすくないが、個別な災害の影響範囲や損失が比較的に大きい。

 

自然資源

 

土地資源:全市土地総面積1.61万平方キロ、その中農用地115.88万ヘクタール、71.8%を占める;建設用地30.64万ヘクタール、19%を占める;未利用地14.91万ヘクタール、9.2%を占める。農用地の中で耕地面積79.55万ヘクタール、68.6%を占める。

 

鉱産資源:全市では80種の鉱産(亜鉱種を含める)が発見され、その中、埋蔵量を明確した鉱産46種である。埋蔵量が全省一位である鉱産は天然にがり、サファイア、オイル?シェール、重晶石、グラス用石英岩、セメント用灰岩、ベントナイト、パーライト、ゼオライト、陶磁土、ドロマイト、珪藻土、雲母など13種、その中天然にがりとサファイアの埋蔵量は全国一位である。

 

気象

 

気温:2015年全市年平均気温13.9℃、平年より0.9℃高い、去年より0.3℃低い。全市年平均光照射時数2409.2時間、平年より36.7時間少ない、去年より78.3時間少ない。年気候特徴:全年平均気温は平年より高い、降水は少ない、光照射は少ない。

 

降水:全市平均降水量439.7㎜、去年より14.8%少なく、平年より31.1%少なく、降水稀少年と考えられる。地区によって降水量の差異が明らかで、南西から北東まで、西から東まで降水量がだんだん減少し、各県(市、区)平均降水量の中で、最大なのは高密市の533.1㎜、最小なのは昌邑市の368.1㎜、区域最大差は165.0㎜である。

 

地下水位変化:地下水動態観測データにより、2014年末全市平原区の平均地下水位深さは12.43m、年初より0.93m下げた。年末と年初と比べれば、全市各県(市、区)地下水位はそれぞれ違う程度の下降があり、幅は0.27m~1.34mである。

 

 

3、歴史変更

 

濰坊は長い歴史を有する。6000年前、弥河に沿って住んだ人がいった。1948年4月27日、濰県は解放された。4月29日、濰坊特別市(省直轄)は建立し、市政府が濰城に設置され、濰県城、東関、南関、北関、坊子、望留六つの区を管理した。1949年6月、濰坊特別市は濰坊市に改め、また省直轄市である。1948年6月、昌濰専区は建立され、昌楽、濰県、安丘、寿南、益臨5県に駐在した。1948年12月、省が直轄した益都県は昌濰専区に所属した。来年7月専区機関は益都に転入した。1950年5月25日、昌濰専区は益都から濰坊に転入した。1967年3月13日、昌濰専区は昌濰地区に変えた。1981年7月、昌濰地区は濰坊地区に変え、管轄県(市)は変わりはしなかった。1983年10月、濰坊地区建制を取り消し、省轄(地専級)市に変え、濰坊の名を保留し、市が県を管理する体制を実施した。1991年、濰坊ハイテク産業開発区は成立した;1995年、濰坊浜海経済技術開発区は成立した;2008年、峡山生態経済発展区は成立した;2011年濰坊総合保税区は成立した。今のところまで、濰坊市は四つの区、六つの市、二つの県、四つの市属開発区を管理していた。

 

 

4、開発区

 

濰坊ハイテク産業開発区:濰坊ハイテク産業開発区は1991年に成立し、1992年に国家級に承認され、今は二つの街道、二つの経済発展区を管理し、面積110平方キロ、常住人口18.8万である。2015年、全区ではGDP359.6億元を実現し、不変価格によって計算して前年比8.4%増、それぞれ全省と全市より0.4%、0.1%高い。全区では国家「千人計画」の専門家26人、省「泰山学者」「泰山産業先端人材」38人、市「双創人材」48人、博士556人、修士4074人、科学研究者1.9万人を集め、前後に第一陣国家革新人材育成模範基地、省海外ハイエンド人材革新創業基地の建設に批准された。全区の市区住民平均支配できる収入36314元、8.4%増である;農村住民平均支配できる収入17908元、9.4%増である。

 

濰坊浜海経済技術開発区:濰坊浜海経済技術開発区(以下は浜海区と書く)は濰坊浜海海洋経済新区の核心区域、陸域面積667平方キロ、海域面積510平方キロ、海岸線69キロ、二つの街道を管理し、人口20万、「黄区」重点発展の四つの港産業区の一つで、区内の浜海産業園は「ブルー区」重点の三つの中外協力産業園の一つである。この一年間全区地区生産総額291億元を完成し、前年比13.2%増である。2015年港の出入り量が3000万トンを突破した。濰坊港5万トン級航路第一期プロジェクトは3.5万トン級航路の通行を実現し、サイム?ダービー(Sime Darby)港ではは二つの5万トン級液化品バース、三つの5万トン級通用バースと三つの5万トン級多用途バースの建設は迅速進行中である。山東高速港の二つの5万トン級貨物大通りや二つの5万トン級通用バース建設は順調に建設し、乗客輸送センターは着工してきた。魯遼陸海貨物輸送大通りは正式に運営し、温州、福州までのコンテナルートを開通し、コンテナルートは8本に達した。

 

濰坊総合保税区:濰坊総合保税区は2011年1月25日に国務院の批准によって設立され、全国14個目の総合保税区である。総計画面積30平方キロである。南区、北区に分け、南区は主に青島空港や青島港に頼り、57個の開発区、濰坊および周辺地区の企業にサービスを提供する;北区は主に濰坊港に頼り、北東アジアに向けて北部沿海2700平方キロの地区にサービスを提供する。濰坊総合保税区は「保税加工、保税物流、貨物貿易、サービス貿易、バーチャル港」五つの機能を持ち、サービス輻射半径は300キロに達する。全区での登録企業が1000社以上、社会サービス企業1200社以上である。

 

濰坊峡山生態経済開発区:峡山生態開発区(以下は峡山区と書く)は2008年1月1日に正式運行し、面積491平方キロ、四つの街道、277個の行政村、23万人を管理し、耕地面積20400ヘクタールである。山東省最大のダム――峡山ダムを有し、水面面積144平方キロ、ダム総容量14.05億?、濰坊市主要水源地や「藍黄」二区戦略水源地である。2015年、全区は地区生産総額26.47億元を完成し、前年比7.8%増である。引黄入峡四級揚水ポンプステーションは正式に運行し、共に1550万?を引き入れた。造林1333.3ヘクタールを完成し、森林カバー率45%に達した。

 

山東濰坊経済開発区:山東濰坊経済開発区は1994年5月に省政府の批准によって成立し、2006年4月に国家発展と改革委員会の審査によって認定された省級開発区であり、濰坊核心市区の北部に位置し、総計画面積96平方キロ、三つの街道、83個の村(居)、15万の人口を管理する。区内では北辰国家級ハイテク企業インキュベーター、白浪河国家湿地公園、山東省金型産業革新サービスプラットフォームを有し、今は国家生態工業模範園区の建設に取り組んでいる。2015年、全区は地区生産総額42.9億元を実現し、8.1%増である。樹木栽培2290ムーを完成し、白浪河湿地公園が国家級審査を通し、生態工業園区の建設が省級や国家級の書記審査を通過した。

 

 

5、県市区の概況

 

奎文区:奎文区は総面積187.8平方キロ、人口67.27万、大虞、廿里堡、梨園、東関、濰州路、北苑、広文、北海路、新城、清池など10個の街道事務所を管理し、その中新城や清池この二つの街道事務所は面積130.22平方キロ、人口18.93万、ハイテク産業開発区に管理される。2015年、奎文区は57.58平方キロを直接に管理し、八つの街道事務所、二つの経済発展区、67個の行政コミュニティー委員会を設け、総人口44.34万人である。2015年、奎文区は山東省委、省政府に授与した山東省文化強省建設先進区、省文明委授与した山東省未成年者思想道徳建設仕事先進区、省教育局授与した全省教育仕事模範区称号を獲得した。

 

濰城区:濰城区は濰坊市中心市区の一つであり、総面積269.5平方キロ、六つの街道、二つの管理区、一つの省級開発区、総計169個の行政村、85個のコミュニティーを管理している。総人口(戸籍人口)35.7万人である。2015年、全区は地区生産総額243億元を完成し、前年より(以下は同じ)7.4%増である。市区住民平均支配できる収入32332元、農村住民平均支配できる収入15601元である。

 

坊子区:坊子区は濰坊市区の南東部に位置し、面積412平方キロ、五つの街道、二つの発展区、一つの省級ハイテク産業園区、301個の村、32万人口を管理している。2015年、全区は地区生産総額138.1億元を実現し、8.4%増である;一般公共財政予算収入12.4億元を完成し、15.8%増であり、増幅は全市一位である;固定資産投資131億元、14.2%増である;社会消費品小売総額62.3億元、12.5%増である。

 

寒亭区:寒亭区は五つの街道や楊家埠観光開発区を管理し、総面積523.06平方キロ、年末の統計によって戸籍人口305398人(濰坊経済開発区は含まない)を有する。今年全区は地区生産総額197.93億元を実現し、不変価格で計算すれば前年より7.5%増である。市区住民の平均支配できる収入29505元、農村住民平均純収入14754元(以上は濰坊経済開発区を含める)である。全年で全区は14個の省級(含)以上の栄誉称号を獲得した。

 

青州市:青州市は総面積1569平方キロ、四つの街道、八つの鎮、総計1060個の行政村(居)を管理し、全市総人口94.04万である。2015年、地区生産総額の年平均伸び率10.6%、578.8億元に達した;一般公共予算収入の年平均伸び率16.3%、41.9億元である;固定資産投資の年平均伸び率15.8%、489.6億元を完成した;社会消費品小売総額の年平均伸び率15.3%、214億元を実現した。全国強県ベスト100の中で76位から67位まで上がってきた。

 

諸城市:諸城市は総面積2168平方キロ、十個の鎮、三つの街道、一つの省級開発区を管理し、全市では235個のコミュニティーがあり、その中農村コミュニティーが208個である。2015年末、全市戸籍総人口110.2万人である。全年で地区生産総額746.5億元を実現し、全年より8.1%増である。財政総収入88億元を実現し、6.0%増である;一般公共予算収入68.2億元、10.6%増である。固定資産投資561.8億元を完成し、14.1%増である。県域経済基本競争力が全国強県(市)ベスト100の中で27位に位置する。

 

寿光市:寿光市は総面積2072平方キロ、15個の鎮(街道、経済開発区)、975個の行政村(コミュニティー)を管理している。全市戸籍総人口107.4万人である。2015年、全市は生産総額806.9億元を実現し、全年より8.3%増である。その中第一次産業の割増値93.2億元、第二次産業の割増値367.5億元、第三次産業の割増値346.2億元である。固定資産投資575.6億元、公共財政予算収入90.1億元、社会消費品小売総額260億元である。農村住民平均純収入25121元、人ごとの平均消費支出15047元である。

 

安丘市:2015年、全市は地区生産総額286.6億元を完成し、前年比より8.6%増である;固定資産投資270.1億元を完成し、前年比より14.4%増である;一般公共予算収入19.06億元を完成し、前年比より15.1%増である;市区、農村住民の平均支配できる収入はそれぞれ27282元と14047元であり、前年比よりそれぞれ8.2%増と9.5%増である。

 

高密市:高密市は総面積1526.63平方キロ、戸籍総人口88.96万人である。2015年、地区生産総額586.57億元を実現し、前年より8.8%増である。その中第一次産業の割増値49.81億元、第二次産業の割増値313.84億元、第三次産業の割増値222.92億元である。全社会固定資産投資479.51億元、公共財政予算収入59.09億元、公共財産予算支出49.28億元である。

 

昌邑市:昌邑市は総面積1627.5平方キロ、六つの鎮、三つの街道、691個の行政村(コミュニティー)を管理し、総人口58万である。2015年、全市は地区生産総額376.2億元を実現し、前年比より8.6%増である;公共財政予算収入27.3億元を実現し、8.5%増である;固定資産投資323.7億元を実現し、13.8%増である;社会消費品小売総額162.2億元を実現し、それぞれ7.9%増と11.7%増である。

 

県:県は総面積1831平方キロ、その中山、丘陵の面積が87.3%を占め、13個の鎮(街、園、区)、350個の村(コミュニティー)を管理している。年末に戸籍総人口89.7万人である。2015年地区生産総額(GDP)244億元を実現し、8.1%増である。財政総収入21.6億元、公共予算収入14.2億元、それぞれ7%増と15.1%増である。固定資産投資277億元を完成し、14.2%増である。市区住民の平均支配できる収入27176元、農村住民の平均支配できる収入13606元、それぞれ8.6%増と9.5%増である。

 

昌楽県:昌楽県は面積1101平方キロ、人口62.3万、四つの鎮、四つの街道、一つの省級経済開発区、一つの省級観光区や一つのダム管理区を管理し、共に53個の新型コミュニティーを有する。全県は地区生産総額275億元を完成し、8.3%増であり、一般公共予算収入22.9億元を完成し、13.1%増であり、固定資産投資298.4億元を完成し、14.4%増である。

  
【Print】 【Close】
著作権の情報:LU ICP BEI NO. 020211 Copyright Reserved @ By Weifang Complex Information Center
E-mail:web@weifang.gov.cn Tel:(0086)05368789680