Today is:
ホーム 市の概要 歴史 習慣や文化 投資案内 生活情報 写真
 
  政府サービス
外国人中国招請手続き

F」(訪問)査証通知書の申請処理に関する規定及び処理の流れ

  「F」査証は経済貿易訪問、商務考察、学術講義、商業経営、科学文化交流のために中国へ来る外国人、及び短期研修、実習などの6か月以内の活動をする外国人に相応である。申請人は中国の被授権単位査証通知書を提出しなければならない。

  F」査証通知書の申請処理に必要な書類

1外国人中国招請審査許可表

  2被招請者のパスポートのコピー

  3)営業許可証のコピー

注意:必要があったら、経済往来に関係する証明を出す(例えば両方の契約、信用状、為替証票等)と来中査証のコピー等。問い合わせ電話番号8396040

  申請手順:

材料の準備各県市区の外事弁公室に記録公共行政審査センターの外事と僑務弁公室窓口で査証通知書を取り扱う査証通知書のオリジナルを国外の招待された人に郵送する

「z」(職業)査証通知書の申請処理に関する規定及び処理の流れ

「z」(職業)査証は中国に赴任あるいは就職する人及び連れてきた家族、中国へ商業演出に来る外国公民に相応である。

  「Z査証通知書の申請処理に必要な書類:

1)外国人来華招請審査許可表(連れてきた家族を明記してください)

  (2)被招請者のパスポートのコピー

  (3)営業許可証のコピー

  (4)「中華人民共和国外国人就職許可証明書」(就職許可証明書が雇用会社から各省、自治区、直轄市労働部門に申し込まれる

  (5)省レベル文化庁(局)の許可書及び市外事弁公室査証通知など関係する書類

 処理の流れ

  外国人が入国健康診断

     ↓

  労働部門で『外国人就職許可証明証』を取り扱う

    

  市審査センター外事と僑務弁公室窓口で『被授権単位の査証通知表』を取り扱う

    

  外国人が有効なパスポート、「外国人就職許可証明書」オリジナル、「被授権単位査証通知表」オリジナルなどの関係する材料を持ち、中国の駐外大使館に「z」査証を取り扱う。

    

  外国人が「z」査証を持って入国する

    

  労働部門で「外国人就職証明書」を取り扱う

    

 公安部門で「居住証明書」を取り扱う(入国した後30日以内)

各国中国駐在大使館ネットアドレス一覧表

 2010-04-14

アジア国家

韓国

 

日本

 

インド

 

シンガポール

 

タイ

 

イスラエル

 

アラブ首長国連邦

 

スリランカ

 

インドネシア

 

ヨーロッパ国家

イギリス

 

ドイツ

 

フランス

 

ポーランド

 

ロシア

 

デンマーク

 

フィンランド

 

ハンガリー

 

イタリア

 

オランダ

 

アメリカ州国家

アメリカ

 

カナダ

 

ペルー

 

ベネズエラ

 

大洋州国家

オーストラリア

 

アフリカ国家

タンザニア

 
   

 

 

濰坊市外事と僑弁公室の連絡方式

科室名

電話

ファックス

アドレス

秘書科

8789858

8789850

市政府総合オフィスビル

出国管理科

8080672

8080672

審査許可センター

アジア科

8789859

8789850

市政府総合オフィスビル

ヨーロッパ·アフリカ科

8789878

8789850

市政府総合オフィスビル

アメリカ州と大洋州科

8871629

8789850

市政府総合オフィスビル

僑務

8789653

8789850

市政府総合オフィスビル

領事科

8789828

8789850

市政府総合オフィスビル

濰坊市人民対外友好協会弁公室

8789856

8789850

市政府総合オフィスビル

翻訳センター

8233692

8233692

東風東街東盛広場10

外国人中国招請手続き処理の規定に関する通知

 

各県市区、市属開発区外僑局()、関係部門:

外交部が公布した「201031号「被授権単位の外国人中国招請手続き処理に関する暫定管理方法」の精神により、関連規定を次のように通知して、厳しく検査し施してほしい。

一、招請部門が提出を要する書類:

1、外国人中国招請の情況説明(主な内容は、招請部門と被招請者及び部門情況の簡単な紹介、経営範囲、製品用途、来中目的など。そして、招請部門が捺印する。)

2.招請部門機構コードあるいは営業許可証などの有効証明書のコピー

3.招請部門と誘われる部門が経営活動につとめる文書(例えば輸出入証票、税金証明、契約、ファックス、電子メールなど)

4.被招請者の有効期以内のパスポートのコピー

5.被招請者(初回訪中ではない)来中査証ページ(有効期以外のパスポートも含む)

6、被招請者の訪問スケジュール

7、保証書(主な内容は、招請部門は誘われる人が「外国人に招待状を審査?発送しない」範囲ではない、中国に滞在している期間にわが国の法律を守り、時間どおりに帰国し、中国での費用が有効に保障される。それに、責任者も自分でサインする。)

8外国人来中審査許可表を書き込み、規則によって地元外事部門を記録する。(審査許可表が濰坊市行政審査許可センターのウェブサイトでダウンロードできる

二、外国人に『招待状』を審査?発送しない範囲:

1、重大刑事犯罪に関連する

2、来華理由が不充分あるいは来華目的を証明できない。

3、往復費用と中国滞在費用を払われない(誘う部門が払う場合以外)

4、入国後、国家の安全と利益を損害し公共秩序を乱す可能性がある

5、偽造、ニセモノの申請材料を出す

6、法律によってほかの入国禁止の場合。

三、本規定は2010121日から実施する。解釈権は濰坊市外事と僑務弁公室に属する。問い合わせ電話番号:8396040 8186040

                濰坊市外事と僑務弁公室

               二〇一〇年十一月二十六日

 

外国人来華招待状審査批准表(見本)

招待部門情況:

名前全称

 

電話

 

詳細アドレス

 

郵便番号

 

メールアドレス

 

ファックス

 

取扱人名前

 

携帯電話

 

誘われる人の部門情況:

名前(全称)(中外国語)

 

電話

 

詳細アドレス

(中外国語)

 

郵便番号

 

メールアドレス

 

ファックス

 

誘われる人情況:               ビザの取扱場所

番号

外 国 語 名 前

性別

生年月日

国籍

パスポート番号

訪華記録

1

           

2

           

3

           

4

           

5

           
             

有効期間

か月

入国期日

  

入国回数

訪問先

山東省濰坊市

事由

 

在留期間

誘う部門のサインと捺印

担当者サイン

(印鑑)

  

県市区外事と僑務弁公室に記録

担当者サイン:

(印鑑)

  

市外事と僑務弁公室の取扱人:     審査人:      管理リーダー:

注意:訪華記録コラムに「はい」あるいは「いいえ」と書き込む。「はい」と書く場合、パスポートページを出さなければならない。

  
【Print】 【Close】
著作権の情報:LU ICP BEI NO. 020211 Copyright Reserved @ By Weifang Complex Information Center
E-mail:web@weifang.gov.cn Tel:(0086)05368789680